旦那様から愛される妻でいるよう、
もしくは、母になっても女を捨てないよう、
したいコトは沢山!
明日のぴかぴか(新しい)素敵ぴかぴか(新しい)な自分は自分でつくる!

ごま油を使った美容法

ごま油って美味しいだけじゃなくって美容にもいいですよね。

身体につけるときは太白胡麻油がいいです。
そうしないと、身体中から香ばしい臭いがしてきます。^^




太白胡麻油ってその名の通り白い透明な胡麻油。
ってか、白いゴマから作った生のゴマ油です。

この白い太白胡麻油でのオイルケアのことを
アーユルヴェーダの『オイル・ピチュ』っていうんです。

かわいいネーミングですねるんるん


このオイル・ピチュには色々な効能があって、

皮膚に栄養を与えたり、老廃物の排出を促す。
血液の循環を促し、血行を良くして身体を温めたり、
リンパ液の循環を促し、免疫機能を活性化します。

それだけじゃなくて、炎症や身体の痛みを和らげたり、
神経を鎮めたりします。

白ごま油の成分ゴマリグナンは、
肝臓を守りつつ、活性酸素を取り除いてくれて、機能を高めます。


だから、若返りに効くって言われてるんですね。


太白胡麻油を100度近くまで熱してから使う方がいいといわれていますが、
超のつく面倒くさがりのわたしは、そのまま使っています。


わたしの使い方はこうです。

この太白胡麻油を、お風呂上りのまだチョット濡れているくらいの時にすぐつけます。
化粧水の前に!!!

で、そのあとに普段のスキンケアをするだけ。

胡麻油は身体に塗ってもOKで、肘とか膝とか、
すごーーーくきれいになります。ぴかぴか(新しい)
(その上、すごく簡単です。)


何でも胡麻油って、肌のきめを整える作用があるらしく、
肌がもちもちしてきますよ。


胡麻油を顔につけるのは、結構昔からしてるのですが、
いつだったかな〜、哲子の部屋で俳優さんのおかあさんもしてて、
すごい美肌って聞いてから、やっぱりーーー!!ってやる気が出たものです。

俳優さんの名前、思い出せないけど・・・。


太白胡麻油のいいところは、臭いがないので
好きなアロマエッセンスをいれて使うと
ほのか〜にいいにおいがします。

油なので、つけた後べたべたしそうな気がするんですけど、
そんなことなくって、すぐにもちもちってなります。


肘とか、ひび割れるくらいカサカサしてたら、
胡麻油ひとぬりじゃあたりないけど、
毎日つけていたら、3日くらいで

おや??

って思いますよ。

もっと早くカサカサひび割れケアをしたいときは、
コットンに含ませてオイルパックをすると
早く実感できます。

わたしはこれさえも面倒なので、お風呂上りに
出てすぐ、スキンケアの前、スキンケアの後に分けて
肘や膝の状態が酷いときには何回もつけます。


こんだけ、どんだけ〜ってくらい面倒くさがりだな、わたし・・・。

でも、化粧品とか浮気性なのにこれだけは15年以上続いてる。
ひどかったにきび後も消えたし。


でも、胡麻油をつけた後すぐは太陽の光を浴びないで下さい。
しみの原因になります。

なので、夜のおふろあがりるんるんにってことで。^^

胡麻油のうがい健康法もやってみたいな〜。



タグ:ごま油
携帯用アフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。